ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

実は「回転、回転」と言うと、肩や頭から回しちゃう人が実に多い。これが上半身の開き、つまり体が突っ込んでぶっつけ打ちになっちゃう原因。上半身に意識があるうちは何度やっても同じこと。

 

ここ最近、参加された生徒さんには下半身リードに意識を置いた練習をさせています。それがグラウンドフォースパワー。足裏を通して地面の反力(跳ね返り)と挟む(引き寄せる)力で軸中心のその場高速回転を可能にします。

 

現場のレッスンでよく「体重を右〜左へ」って能動的に荷重していくって言うのがありますが、これはスエーしてるだけで肩と腰の捻転差がほとんどありません。ですから飛ぶわけないんです!

 

上半身が台形の上に乗っているアドレスを想像し、形を崩さずその場で回転するイメージを持つ。両足の内腿から土踏まず間にかけてビーチボールを軽く挟む緊張感を持たせ、スイング中内転筋が稼働できる状態にしておきます。スイング中、足裏の外側に荷重が乗っていくイメージは全くない!

 

フトコロの広いバックスイングを心掛け、肩が自然に入れば、勝手に荷重は右太腿に乗る。そのシンメトリーで両肩がフルターンすれば左に荷重する。ですから、その場で捻転し捻り戻すイメージで両肩のDEEPER(深い回転)ができれば、高速軸回転スイングができる。

 

その場で回転ジャンプをする動作が何と言っても一番高速回転。この時の動き始めは、体と腕を右に捻り、一旦沈み込んで右のお尻に力を貯める。これをDown Forceと呼ぶ。次に上体が開かないように、左腰のリードで左足踵を踏み込み足裏で上方に地面を蹴る。これをKicking Force。次に上空で軸を安定させ、慣性モーメントを小さくして、速く回転するのに腕と足を引き寄せる。これをMagnetic Forceと呼ぶことにしよう。この3つのパワーソースが軸中心の高速回転スイングを形成します。

 

類似した動きに空手の瓦割りがある。これも3つのパワーソースが上手く連携すると、腰が切れて物凄い威力を発揮する。上体を開かずにパンチを繰り出す瞬間、右パンチの押しと左サイドの引きで一瞬、頚反射が起こり(体の左への回転に反し、首がちょっとだけ右を向き、軸回転を形成)左の首筋に張りを覚えるはず。とてもゴルフスイングに似ている動きと言える。

 

読者の皆さんも3つのパワーソースを実践して、その場で回転する一軸高速回転スイングを身につけてください!


最近こちらに参加される皆さまから、しょうちゃんの日記良かったよとか、よ〜くそちらの事情がわかりましたとか言われます。

やっぱりご本人さんの感想ですから説得力がありますね!

そんなしょうちゃんから嬉しい報告がありました。こういう話は何度聞いてもいいですね!

板橋 様

年末年始の2週間、本当にお世話になりました。

毎日、練習しています。

2月17日に、神奈川県アマ・予選に出場して、初めて予選を通過しました。

去年から 県アマ、県シニア、グラブ選手権 などに参加しましたが、スクラッチ競技は、全て予選落ちしました。

その悔しさと 実力不足を感じたことで、G1オーストラリアレッスンに参加したので、私にとって、とてもうれしいことです。

50歳から本格的に練習し始めて、6年目で 1つの結果が出せました。

今後もG1・板橋理論を基本に、練習を重ね、今年中に予選突破は当たり前、、、の状態まで、上達したいと思っています。

しょうちゃん


僕もつい10年ぐらい前までは、パターはしっかり脇を締めて五角形を崩さないようにイーブンペースの1:1ストローク。ボールを下から擦り上げるようにアッパーブローに打っていた。その方がオーバースピン(順回展)がかかって転がると思っていた。これが自然だと当たり前だと思っていた。

 

ある時ヨーロッパの賞金王やトッププロのパターのみ教えるスペシャルパッティングチームに教わる機会を得ました。ある意味パターに型無しだと思っていたので、衝撃的でしたね!

 

パッティングの動力は胸骨の振り子とグリップエンドの連動、そして腕が肩の真下でフリーに動けるように、あえて脇は締めない。そのほうがボールを押せるということがわかったんです。

 

下半身不動で胸骨、両肘、グリップエンドが連動して低く押すパッティングって、めちゃくちゃ腹筋がよじれますからね!よじれを感じてる時は鉛のボールだって転がせるぐらい低く押せてますから。

 

またそのレッスンを受けた際に超高速ハイスピードカメラでそれぞれの打ち方でボールの出球を観察したんです。前述のオーバースピンをかけるようにアッパーブローにヒットする打ち方よりもレベルブローまたは少しダウンブローの低く押すストロークの方がデーターが良かったんです。

 

良い転がりというのはヒットした後にボールがあまり浮かずに滑らずにすぐ順回展で転がりますが、アッパーブローに打つとフェースが開くので、ボールが浮いて滑る距離が長くその後にサイドスピンが入るので転がりが不安定なことがわかったんです。

 

最近は松山選手も腕をフリーにしてヘッドをスムーズに加速してボールを押してますよね。皆さんに参考してもらいたいのはボールを押してる選手、ナンバーワンはアーロン・バデリー選手でミケルソン、片山晋吾選手、谷口徹選手など。押してる選手たくさんいますよ!


おなじみのナカオさん(61歳)1ヶ月トレーニングコースに参加。

 

今回は更なる飛距離アップに挑戦ということで、「振るタイミング」すなわち最大クラブヘッドスピードをどのポイントで出すかに焦点を置くことにした。

 

これまではどちらかというと、Japanese Swingぽい、インパクトの前にビュンッと振って飛ばしてた感があるが、これだとスピン量が多いし、左への危険性を含む。

 

ナカオさんの場合、それがインパクト直後の左手首の折れに見て取れる。できればインパクト直後(正面から見て5時の位置で)は左手首がフラットリストで両腕の三角形とシャフトでできるY字をキープしたいところだ。

 

この改善には、腰の高さにおける体の回転と両腕の三角形とシャフトでできるY字が一体化して、体の周りを低くまーるく振る時に同調できるかにかかっている。

 

この時のスピードはゆっくりでいい。肩と腰の捻転差を感じて下半身のリードで捻り戻す。クラブはすっぽ抜けそうなほど軽く握り遠心力を感じる程度だから、背骨を軸に背中を入れ替えて背中越しにクラブをかるーく放り投げるくらいのスピードと理解してほしい。

 

そして正面から見て5時の位置(アフターインパクト)を過ぎたら、回転力をアップして一気にフィニッシュへ。タイガーや松山選手、ジャスティントーマスは皆「フォローで飛ばす」タイプである。

 

現代のアスリート型スイングはアフターインパクトが速く、肩の回転角度がとても大きい(左足股関節の上でさらにリコイルしている)。弾道は高く大砲みたい。最高到達点から球が落下するときは柔らかくゆっくり落ちてくるのが特徴。

 

まぁ夢見るような弾道だけど、プロ意識だけは大切!間違ってもインパクト後に回転スピードが緩むスイングはやめましょう。


毎年、ブログ用にいいだろ?

と、旦那が用意してくれるバラの花

今年はなんとメッセージ付き

嬉しいなぁ


Archives

website by Cube Net