ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

初心者ゴルフ 自分が最も力を発揮できる体勢とフェースの使い方を覚える

2016年07月02日

アマチュアの皆さんの多くは、ボールに当てることばかり考えていますが、どうやったらボールへ力が伝わるか、最大限ヘッドに力を伝える形を理解していないと、いつになっても上達を足止めしてしまいます。つまり「自分が最も力を発揮できる体勢」っていうのをあまり考えていないように思います。これではいけませんね!

 

フェースの向きを感じられるラケットサイズの器具とインパクトバックがあれば、体の回転でまーるく振る中で効率的な体幹部や下半身の使い方、正しいフェースの角度や前腕の使い方がわかってきます。

 

まずトップ位置から左肩を開かずに下半身から巻き戻し、同時にクラブの落下と右肘の絞り込み(Loading))を感じて下ろしてくると、必ずこれから円軌道に乗せるために、自分から見て4時半の位置からシャフトが出てきます。すると、この時点でフェース面は右斜め上(感覚的には真上)を向き、シャフトはお腹周りに巻きついています。このポジションを前提として、ここからそれぞれ左手・右手一本でまーるく振って、一番チカラの出せる形から押し込んでフェースの面に乗せて運ぶスイングをイメージしながら練習します。

 

自分からインパクトバックに向けてスクエアに当てようとするスイングじゃありません。これだと手打ちになり、フェースがひっくり返ります。正しいスイングの原動力は体幹を先にまわすことから。厳密に言うと、トップで出来た上下の捻転差がありますから、その拮抗した形を変えずに捻り戻します。そしてデンデン太鼓の芯の部分にあたるのが体幹で紐の部分が肘から先と考えます。肘から脇の下にかけては胴体に密着して蝶つがいの役目をします。

 

前述したように、日本人は実に手打ちが多いんです。もっと体幹をダイナミックに回し、腕が後から体に巻きつくように使えば、もっと早く上達するのにっていつも思いますよ。ですから、レッスン時にはいつも「体幹のメリーゴーランド」を体感してもらうんです。

 

あととても大事なことなんですが、スイングする時、前腕を能動的にギューッと速く捻り戻す人は手打ちが治りません。4時半でフェース面が真上を向いた状態から、体の後ろから円を描くように(その時円に対してフェースが直角)回してくるんだから、体の捻り戻しに同調して前腕もゆっくり元に戻るのが正解。

 

手のひらをパーにして目の前に出して下さい。肘を軸にパーで床磨き(ワイパーのように)する時、レンジ(前腕の回転角度)を大きくゆっくり使える人はトルクが効いてボールを遠くへ飛ばせるんです。僕自身も、4時半にヘッドを置き去りにして左右の前腕を大きなレンジでゆっくり戻してくる(シャフトが右太腿に巻きついてくる)イメージがあり、ヘッドの戻りを遅く感じる時の方がコントロールが効きます。

 

またグリップ自体がグニュグニュ左右に回っちゃう油を注したようなクラブを想像しています。その方がグリップをユルユルで持って、4時半の位置から手首の形を変えずに前腕だけゆっくり捻り戻す感じがでるんです。

 

上げてそのまま打ち下ろす縦振りスイングだと「当てにいく」のが精一杯で、そこにはボールを遠くへ飛ばすメカニズム・エッセンスがないとは思いませんか?長々とぼくの脳内イメージを列挙しましたが難しすぎたら、すいません!少しずつ皆さんに解明できるよう頑張ります!


Archives

website by Cube Net