ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

世界自然遺産 スプリングブルックをトレッキング

2016年08月13日

ゴールドコーストは冬ですが、晴天の暖かい日が続いています。

こんな日には、山歩きに行こうということで、世界自然遺産の森 スプリングブルックに行ってきました。

お客様の元理科の先生とご一緒に、植物の観察をしながらの山歩き。

先生曰く、名前を覚えると愛着が湧く。すると自然を大切にしないとという気持ちになると。

なるほどなー。

恵まれた環境で生活しているのに、植物の名前全然知りません。


まずは、樹齢3000年と言われる南極ブナ

コロボックル(妖精)出てきそうな森です。

ここだけ不思議と空気が冷たい。

南極と繋がっていたんだなあ。



ちょっと腹ごしらえして、滝の裏を歩く4キロのトレッキングへ。

マイナスイオンたっぷり。

前回ここに来た時には、モンスター2号が歩くのが遅かったけど、今回は余裕。

成長を感じます。


第一の滝


そして、ツインフォール


滝の後は、こんなところを通り抜け帰ります。


探検みたいでしょ。

でっかいニシキ蛇に遭遇。


お腹がぱんぱんに膨れています。

何か食べたのかな。

自然の力に癒された1日でした。


Archives

website by Cube Net