ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

初心者ゴルフ すくい打ちを治す

2016年09月11日

初心者ゴルファーに必見!自分のスイングを動画で再生した時、インパクト後に左肘が浮いて脇が空いたスイングを見てガッカリしている方は多いはず。

 

この傾向のある方はボールを地上から上げたい気持ちが強いんだと思います。打ち込んでるつもりでも左サイドが伸び上がっているかたも同じで、体は頭と違う反応をしているんです。

 

まずすくい打ちを治すにはフォローで振っていく方向が大事!まっすぐではなく目標の左45度ぐらい。分度器のラインに沿ってフェースを直角に振っていくとそうなります。その際、左腰前でグリップエンドとヘソが正対し、フェースが真左を向くように心がけてください。
フェースが地面を向いたら手を返しているので気をつけて下さい!

 

またこの方向に振っていくためにはアドレスまで遡ります。アドレス時に両肘が両腰を指して一緒に回転します。フォローサイドでも同じこと「Working Together」です。以前、ベンホーガンのドリルで紹介しましたね。腰が回転しないと左へ振っていくスペースができないのです。

 

すくい打ちから脱却する方法。長い棒を振るまたは竹箒を振るのをオススメします。重いので遠心力を感じて体の周りを低くまーるく掃くような感覚が身につきます。今度動画でお見せしましょう!


Archives

website by Cube Net