ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

初心者ゴルフ 腕振りと腰の回転のリンク(2)ボールを使ったサイドスロー腹筋トレーニング

2016年09月20日

前回のレッスンでは両肘と両腰が向き合いながら回転するWorking Togetherの話をしました。今回はその動きが上手く連携するように、ボールを使ったサイドスロートレーニングをご紹介します。初心者のみなさんはここで効率的な回転の方法を学びます。

 

ゴルフスイングの動きってどんな動きに近いんだろうってみなさん思うはず。そういう時はこう言います。池に向かって小石をサイドスローで投げてできるだけ水面化を弾ませようと投げた時の動き。また、今回のような少し大きめのボールを両手で体の正面で右から左へ水平に投げた時の動きに非常に近いと思います。

 

これらの動きは簡単な手投げではGood Performanceはできません!バックスイング終了間際に前足の踏み込み⇨左脇腹の捻り戻し⇨腰の回転と腕振りのマッチアップが上手く噛み合ってこそダイナミックな動きができます。

 

前回の動きを参考に両肘で両腰を挟んでいる感覚で持ち、蝶番的(ちょうつがい)腕振りでボールを腰の高さで右から左へサイドスローで投げます。バックスイング終了直前と拮抗するように左脇腹の捻り戻しでフォワードスイングを開始して、背中越しに向かってボールをまーるく放り投げてやります。これも両肘と両腰が上手くリンクして左腰前あたりでリリースしてやらないと真っ直ぐ投げられません。

 

この動作で数十回投げ合ってみてください。左脇腹がつるぐらい腹筋(外腹斜筋)を使っていることが改めてわかります。ゴルフで良いPerformanceを求めるならサイドスロー的腹筋トレーニングは不可欠なんです。フィニッシュで手のひらをパンパン叩けるのも両肘の間隔つまり両脇が締まったまま振れないとできません。これも腹筋を使えてたらなんてことない動作です。

 

このトレーニングの後、ピッチングか9番でハーフスイングを行うと、両肘と両腰のリンクが実に簡単!手打ちが治り、体の正面に手とクラブがある感覚がわかります。慣れてきたら振り幅をスリークウォーターぐらいまでにして回転力を徐々にアップしてみてください。

 

大きく振り上げた方が飛ぶってもんじゃないんです。なんでもバランスです!私はバックスイングのエネルギーよりもフォーローの方に重点を置くタイプなので、ある程度バックスイングで胸とグリップの間にフトコロが出来たら、もうフォワードスイング(軸中心の素早い回転)に集中します。その方が曲がりませんし、平均的飛距離が期待できます。


Archives

website by Cube Net