ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

念願の京都歴史巡り(東山)

2016年09月28日

中学の修学旅行で来た以来です。そう、僕は超がつく歴史好きなんです。なんでも、就寝前は日本史に関する本を読みながら眠りにつきます。

特に戦国時代は好きですね。語らせたら、社会の先生より知ってるかも!僕は調べ始めたらとことん研究する性格なんですよ。

最初に三十三間堂行きました。風神・雷神、千手観音像見れました。撮影不可でした。


養源院です。伏見の戦いで自害した鳥居元忠らの血天井跡や俵屋宗達が寄贈した、松・白像・麒麟の絵が残っている。


方広寺の鐘「国家安康」で家康が秀頼にイチャモンつけたいわくつきの鐘。


六波羅蜜寺です。中に教科書で見た平清盛坐像と空也上人立像があって超びっくりした!


六道珍皇寺にある「小野篁冥土通いの井戸」この井戸を通って地獄の閻魔大王に会いに行ってたのかな?



ご存知、人気スポットの「清水寺の舞台」139本の柱で支えられている。多くの外人さんが着物を着て参拝してました。


秀吉没後、その菩提を弔うために夫人のおねが開創した寺「高台寺」です。おねの終焉の地圓徳院も行きました。庭園って落ち着きます。


浄土宗総本山の寺であり、法然上人を祀っている。徳川秀忠が建てた三門は日本一の高さを誇る。

明日は姫路城に行きます!


Archives

website by Cube Net