ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

秋季那須キャンプアドバンスコース8日目

2016年10月12日

アシスタントコーチのツッチーです。今日になって一気に冷え込んできたように思います。

今回はパターのストロークにも重点を置いています。それはズバリ「押し」です。ボールをしっかり押せないと順回転で転がらない。だからこそフォローで右肘は伸びて、左脇は自然に空いてくのが正しいストロークになります。

基本の振り幅は胸骨の振り子とグリップエンドで作り、バック1:フォロー2の割合がベスト。バッスイングしたらヘッドの戻りを感じてから右肘を伸ばしていき、スムーズな加速を心掛けます。それに同調するように、左肘と左手甲は「あっち行け」のモーションで右手の押しをアシストしてやります。

これができるようになると、ロングパットのショートが一気に矯正され、スムーズな転がりで止まりそうでカップ付近でスーッと伸びるようになります。

S.Tさん  「バッスイングは真上に上がるように心掛け、回転は首から下をまわしましょう」

W.Nさん  「低くまーるく振れるようになりました。good swing!」

I.Tさん  「頭の突っ込みが矯正されました。good swing!」

S.Mさん  「インサイドにあがるバックスイングに気をつけて。ノーコック&ワイドアークを心掛けて!」

H.Sさん  「低いアプローチ最高です。nice クリック音!スイングもBig Change !」

K.Yさん  「QuickテークバッグはNG!ゆったりスムーズなワンピーステークアウェイを心掛けましょう」


Archives

website by Cube Net