ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

秋季那須キャンプアドバンスコース10日目

2016年10月14日

アシスタントコーチのツッチーです。ポカポカ陽気!今日がこれまでで一番暖かかったです。

今回のアプローチのテーマは「テンポ」です。スイングテンポはどこでつくるのか?胸の振り子動作に腕の振りを同調させることで距離感が安定します。

振り幅はイメージクロック(自分から見た立てかけた時計)で調整します。7:30-9:00、9:00-2:30、10:30-12:30の3つの振り幅で距離を出します。距離間隔が15-20ヤードであれば正しく打てています。因みに僕は30、50、70です。

今日参加の皆さんも僕と同じぐらいの距離で打てていました。今までのアプローチと感覚が違うみたいです。

S.Hさん  「イメージシャフトの練習で手を返さずにまーるく振れるようになりました。ドライバーぶっ飛び!」

T.Hさん  「sitting downで間を作り、軽く振ってるのに打球が強い」

H.Aさん  「ハンマー投げのイメージで振ると真っ直ぐ飛びます」

T.Kさん  「左肩の開きを抑え、インサイドアタックを意識して下さい」

K.Sさん 「ダウンで胸を右に向けたまま荷重を右に残し、ビハインドザボールでインパクト!」

H.Mさん 「切り返しで右肘を絞り、フェースを面を上に向ける。Good swingになりました」

S.Kさん  「270度の回転を意識して、フルフィニッシュを目指して!」

Y.Tさん  「背中越しにボールを飛ばすイメージで降りましょう」

H.Hさん「おへそが左土踏まずのラインを超えないように心掛けましょう!」


Archives

website by Cube Net