ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

秋季那須キャンプベーシックコース4日目

2016年10月21日

新米コーチのタックンです。今日は午前中は暖かく、午後はひんやり寒い日となりました。

スイング中に頭がダッキング(頭が下がる)、左に突っ込む、顔が寝る癖のある方がいたので修正ドリルを行いました。
パートナーにアドレスの姿勢でアライメントスティックを顎に軽く当ててもらいます。この姿勢でドライバーまたは9番アイアンでティーアップしたボールをハーフスイングで打ちます。

大事な事は顎の高さと顔の面を変えずに、ノーコックで遠心力を感じて上げて、体の回転で打つ。フォローでは左肩からヘッドまで一直線になり、左手首のフラットリストを意識します。

このドリルの模様は近日中にアップしますので、御期待下さい。

M.Kさん「最も大切なことは軸回転でスイングする事とインバランスフィニッシュです!」

S.Hさん「ノーコック&ワイドアークで上げて巻き付いて腰のキレで打つ」

O.Tさん「右肘のLoadingと左手首のフラットリストを極めて下さい」

M.T「タメを極めましょう!三日間ありがとうございました」

M.Kさん「切り返しでは左肩を開かず、肘を柔らかく使い、フェース面が上を向いて下ろしましょう」

T.Tさん「手を返さずに、スライスアクションを入れてスイングしましょう!」

A.Yさん「とにかくフトコロのあるコンパクトトップを。右肘を絞り込みフェース面を上に向けて下ろしましょう」

K.Kさん「フェースローテーションの少ないボディターンスイング出来ています。フィニッシュでは右足つま先立ちになりましょう」

N.Mさん「クラブを振る時は体に引きつけて振る。とにかくインバランスフィニッシュが大切です!」


Archives

website by Cube Net