ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

学芸大インドア後期レッスン4日目

2016年11月02日

今日は軸ブレが目立ったのでスイング軸を強化しました。

軸を作るにはまず微動だにしない不動の下半身が必要。地に足が着いていない方が多いんです。Pelvic Tilt(説明が難しい)で反り腰を矯正し、地面を鷲掴み出来る足裏を作ります。回すんじゃなく、Twist Bodyが出来るようになると軸ブレが止まります。

この状態で幅のある板を土踏まず間に挟み、首から下を捻ると、股関節に荷重が乗り、お腹周りに張りが出来る。捻ったものを下からねじり戻すと、とんでもない反発エネルギー生まれ、その場でキュンッと回れようになるから飛ぶって訳で体重移動は不用です。その場でくるっと回る台形ターンが理想です!

また、久しぶりにフリスビーも行いました。軸が前に突っ込む人は左脇が空いて前でリリースするので、フリスビーが左にしか飛んで行きません。正しくはこれも台形ターンで、左脇を締めて右腰の前でリリースします。左手親指と人指し指で右ポケットを摘んで腰を引っ張りながら回る感じです。最新のG1理論は荷重移動(バンプ)を意識しないので注意したい。

昨日も今日もレッスンプロとツアープロの方(女性)が参加しました。実は那須の時も知らんぷりして(イケメン君や綺麗なインストラクター)が参加してくれてます。手で操作しないで回転で打つシャロースイングに共感してくれてます。嬉しいことです!


Archives

website by Cube Net