ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

曲げないゴルフ 左足上がりの打ち方

2016年11月09日

日本のゴルフ場は海外に比べると、かなりアップダウンがきついと思います。ナイスプレイでラウンドしてたのに、傾斜に来て突然の大叩きなんて言うのは誰もが経験しているはずです。やはり日本のゴルフ場は傾斜対策を考えてプレーしないと良いスコアでまわれませんね!

 

左足上がりとは言わず、傾斜に来ると突然距離が落ちる方が大勢います。傾斜を怖がるあまり思いっきりがない。また軸がブレちゃうからとか言って、手でなんとか合わせちゃうことが多いんです。はっきり言って皆、回転不足なんです!前提としてしっかり目標の左へ振り抜くことが大事。

 

左足上がりの打ち方で大切なことは、傾斜に逆らわない自然体の構え。すなわち、傾斜に対して右足荷重で背骨は地面に対して直角に構えます。そこからはいつもの低くまーるく振るスイングを実行。フィニッシュではソールが天を指し、フェースが後方の人に見えるように心掛けてください。

 

また動画の板を挟んでスイングしているように、内腿から土踏まず間にかけての緊張が大事。その場でターンするので、最近はこれを「台形ターン」と呼んでいます。トップから切り返す時、胸の面を右に向けたまま、その場で板を直角に左へターンさせるイメージだと、捻転差が生まれ、軸が安定して鋭い振りになります。その時、左膝を正面に向けたまま、右太腿を内旋させる動きが大切になります。

 

左足上がりのミスで一番多いのは、「左への過度の体重移動」です。左へ体重を移そうとすると、背骨が立って急な入射角で入ってくるのでヘッドが地面に突き刺さりやすくなります。こうなると詰まって左へ回転しにくくなるので、トップ・ダフリ・フックの原因になります。

 

意外にもこのライは打ち込む人より、すくい打ちの人の方が上手くいったりします。でも距離はでません。大事なことは傾斜に対応した構えで、いつものG1セオリーのスイングをすることです。傾斜でも距離を落とさず飛んで行ってくれます!


Archives

website by Cube Net