ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

飛ばしのゴルフ 巻きついて下りてきてヘッドスピードのMAXはどのタイミングで出すのか?

2016年11月18日

アライメントスティックって目標獲りをするだけじゃなく、いろんな用途に使えます。僕はヘッドスピードMAXを「ピュッ」と最高潮に出すタイミングを掴むのに使ってます。

 

素振りをするのに、重いものはすぐに遠心力を感じられてグリップが段々緩くなるけれど、軽いものは仮想現実で重いものに感じて遠心力が得られるぐらいグリップがゆるゆるで手首が滑らかにならないと練習になりません。

 

それとスピードの出し方が理解できていない人は、こういう軽いスティックを持つと振り上げたらすぐに「ビュンッビュンッ」振りたがるがこれはダメ!キャスティングで手打ちになるだけです。

 

こんなイメージをしてください!昔ながらのコマに紐を巻いて回そうとする時、着地する所にコマを送り出してから手前に引きませんか?「出して引く」んです!肘を柔らかく使い、小ちゃくループを描いて手首も滑らかに使うでしょ?ゴルフも同じです!

 

スイングで言うと、背骨を中心に背中や腹筋といったビッグマッスルを使って、ヘッドの先に遠心力を感じながらノーコックで右腰の横まで上げます。そのMAXってせいぜい右胸の横ぐらいだが、これが「出す」になります。

 

この時、上体の捻転は進行形だけど下半身は左へ踏みこもうとしています。こんな早い段階で切り返しは始まっています。この腹筋が捻れるような拮抗した動きがないと巻きつき動作(タメ)は生まれません。これが捻転差を生み、飛ばしにつながります。

 

そしてまさにその瞬間、体から離れていたクラブが右肩の方向に落下してループを描きながら体側に巻きつきます。それが「引く」です。回転しやすいように、右肘を柔らかく脇腹前に絞り込み、シャフト(スティック)の内側が腰回りから離れないように左サイドのリードでまーるく引っ張ります。

 

ヘッドスピードMAX=遠心力MAXとお考えください!インパクトでもその前でもありません。それだと手打ちスピードMAXです!遠心力を一番感じたのが右腰の横ならシンメトリーで左腰の横、つまりインパクト後から左腰の横までがBest!ボールスローイングドリルのようにサイドスローする時だって、ハンマー投げする時だって「一瞬、背中越しを感じて後ろに放る」イメージがゴルフ流軸回転であり遠心力MAXになります。

 

軸を中心に背中が入れ替わる感覚があり、両肘と両腰が向き合って一緒に回転していれば、アフターインパクトにMAXスピードが来ています。ここからフィニッシュまでが一番回転力を要す所とお考えください!ボールと正対して手を返すスイングを実践しているとしたら、それはドアスイングであり、軸も動いて遠心力もさほど感じていないはずです。気をつけましょう!

 

この「出して引く」の生成には遠心力と求心力のコンビネーションが大切!でんでん太鼓のようなもので、回転し続ける体幹の回転(心棒)により、広がったり、しなやかに巻きつく腕(紐と玉)の関係と同じです。あくまでもメインエンジンはボディターンです。腕とクラブは受動的にしなやかに使うようにしましょう!


Archives

website by Cube Net