ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

高速回転スイングを目指す グラウンドフォースパワーで飛ばす!

2017年02月26日

実は「回転、回転」と言うと、肩や頭から回しちゃう人が実に多い。これが上半身の開き、つまり体が突っ込んでぶっつけ打ちになっちゃう原因。上半身に意識があるうちは何度やっても同じこと。

 

ここ最近、参加された生徒さんには下半身リードに意識を置いた練習をさせています。それがグラウンドフォースパワー。足裏を通して地面の反力(跳ね返り)と挟む(引き寄せる)力で軸中心のその場高速回転を可能にします。

 

現場のレッスンでよく「体重を右〜左へ」って能動的に荷重していくって言うのがありますが、これはスエーしてるだけで肩と腰の捻転差がほとんどありません。ですから飛ぶわけないんです!

 

上半身が台形の上に乗っているアドレスを想像し、形を崩さずその場で回転するイメージを持つ。両足の内腿から土踏まず間にかけてビーチボールを軽く挟む緊張感を持たせ、スイング中内転筋が稼働できる状態にしておきます。スイング中、足裏の外側に荷重が乗っていくイメージは全くない!

 

フトコロの広いバックスイングを心掛け、肩が自然に入れば、勝手に荷重は右太腿に乗る。そのシンメトリーで両肩がフルターンすれば左に荷重する。ですから、その場で捻転し捻り戻すイメージで両肩のDEEPER(深い回転)ができれば、高速軸回転スイングができる。

 

その場で回転ジャンプをする動作が何と言っても一番高速回転。この時の動き始めは、体と腕を右に捻り、一旦沈み込んで右のお尻に力を貯める。これをDown Forceと呼ぶ。次に上体が開かないように、左腰のリードで左足踵を踏み込み足裏で上方に地面を蹴る。これをKicking Force。次に上空で軸を安定させ、慣性モーメントを小さくして、速く回転するのに腕と足を引き寄せる。これをMagnetic Forceと呼ぶことにしよう。この3つのパワーソースが軸中心の高速回転スイングを形成します。

 

類似した動きに空手の瓦割りがある。これも3つのパワーソースが上手く連携すると、腰が切れて物凄い威力を発揮する。上体を開かずにパンチを繰り出す瞬間、右パンチの押しと左サイドの引きで一瞬、頚反射が起こり(体の左への回転に反し、首がちょっとだけ右を向き、軸回転を形成)左の首筋に張りを覚えるはず。とてもゴルフスイングに似ている動きと言える。

 

読者の皆さんも3つのパワーソースを実践して、その場で回転する一軸高速回転スイングを身につけてください!


Archives

website by Cube Net