ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

手打ちを治します!イメージシャフトでの素振り 右手編

2017年03月09日

昨年度秋季日本キャンプレッスン時の動画です。

 

本気で手打ちを治したい!と思ったら迷わずこの練習器具をお使いください!遠心力を感じて低くまーるく振って、腰から下のスイングを徹底的に強化します。

 

ボールをガツンと打ちにいくスタイルが板についちゃって、いつまでたっても上達しないのは回転軸を感じてまーるく振れないからです。

 

イメージシャフトはグリップ側が重く、先が極端に軽い超カウンターバランスなのでビュンビュン振って手を返す動きは超簡単!でもそうやって振ってはいけないと教えてくれる道具です!

 

暴れやすいシャフトの先端をコントロールするには、すっぽ抜けそうなぐらいソフトに握り、手元側を体に引きつけて(求心力)背骨を中心に背中を入れ替えるつもりで自分から積極的に回転して下さい。遠心力を感じて体の周りを低くまーるいシャロープレーンでスイングします。

 

構えたときに手元側のおもりが下を向いています。スイング中、このおもりがひっくり返らないように下を向いたままスイングできれば、体の回転で振れた証拠です。手を返していません。

 

先に言っておきます。アドレス時の右腕の構えは思ってるよりも、しっかり体の中に入れて脇の締まった状態で構える。グリップは左内腿の前にセットしてください。

 

動画に見られるように、A素振りは腰幅内のミニスイング。ここでは、右手はアドレスに置きっぱなしで背骨を中心に背中を動かして回転。第七頸椎とボールの距離を感じてください。目を瞑ってもゴムティーに当たります。

 

B素振りは腰の高さの素振りでピッチャーのサイドスローの要素が入ります。一番大事な素振りです!A素振りの感覚をキープして背中を入れ替えて右隣の人と右腰の前で握手、反対は左腰の前で握手できるくらい回します。その時、背中越しを感じることが大切。低くまーるい軌道は丁度分度器の円軌道と同じです。ハーフスイングの振り幅なのでアプローチやライン出しの基本になります。

 

C素振りはトップから切り返す時にシャフトの内側が体側に巻きつきながら右腰の横まで落下して、B素振りに勢いをつけるのが目的と考えてください。動画に見られるように、トップの位置から胸の面が開かないように左腰のリードと一緒に、シャフトが背中に沿って落ちてくる感覚(右肩の上でもいい)、落下を感じながら右前腕の回外動作(右手甲を後方の人に見せるとかシャフトをレイドオフにするとか)を入れて右肘を脇腹前に絞りながら、サイドスローのポジションにもってきます。この時フェース面は右斜め上を向いてる感覚が正しい。

 

これらの動きがシャフトの垂直落下に逆らわなければ、フワッと右腰の横まで落ちてくる感覚と右腰のぐっと沈む動き(Down Force)が同時にやってくる。ここまでは落下しながら粘っこく右サイドに巻きついて、次に来るサイドスロー的要素(バスケットボールの横投げ)に備えます。

 

本格的に低くまーるく振る動作はここからだ。ヘッドをまーるく振るというよりはグリップエンド自体を引きつけてまーるく振る意識を持った方が良い(求心力)。この時、顔が寝ないように右肘の角度を直角にキープした状態で左へ回る感じだ。これじゃボールに届かないと一瞬思ったんじゃないでしょうか?右腰がグッと沈んで、左頬が飛球線方向に突っ込まないようにボールの垂線上後方で回転できれば、絶対にナイスコンタクトできるはずです。

 

この調子で左へ振っていけば、左腕を前に出した時の左脇の下を通過させる感じになる。左腰の素早い回転でグリップが通るスペースを作って、左腰前まで振っていく。ここに腰のキレがなく、まっすぐ直線的に振って行ったら、まずゴムティーに当たりません。

 

皆さんが想像してる以上にシャローでまるく振れないと、一貫したスイングでゴムティーをヒットすることができません。欧米や韓国の選手はこうした慣性モーメントと角速度を活用したスイングで飛ばしています。上げて下ろすでもない、スライスしちゃうから手を返せでもないんです。

 

慣性モーメントを小さくして回転体に沿ってまーるく振った方が回転力が増して飛ぶようになります。シャロープレーン形成には欠かせない練習器具です。メージシャフトで毎日毎日振り続けたら、コースに強いスイングが身につきます。


Archives

website by Cube Net