ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

G1兵庫ひかみキャンプ練習風景 右肘の使い方と8フィギュアで上達!

2017年06月11日

先日の2017年春季兵庫ひかみCCキャンプの練習の模様をアップしました。

 

参加者の30%ぐらいがダウン時の右肘の使い方と8フィギュアの方法で改善。皆さんにあった適正弾道(最も飛ぶボール)が打てるように修正しました。

 

実はひかみキャンプ参加の中級者クラスの生徒さんにG1ではフェード打ちを教えてるんですか?とよく質問されました。そんなことはありませせん!ちゃんと生徒さんが打ちたいボール、適正弾道を指導しています。ご心配なく!

 

例えば、初心者だったらスライスが多いので、ボールが捕まるように軸を感じてインサイドアタックトレーニング、そしてクラブを低くまーるく振る練習をします。

 

中級者になると体の回転を止めて、手を返すことを覚えちゃうので、ヒッカケとダグフック(チーピン)が多くなります。そこで手の返しを(フェースローテーション)抑えて、もっと脇を締めて体を回転させるトレーニングをします。

 

中級者の皆さんにはこれがスライスアクションに感じるんでしょうね。手を返さなくても体の回転をしっかりしてもらえばボールは捕まりますし、失速しないで高く強いボールが打てます。

 

今回のひかみキャンプでは右肘の使い方と8フィギュアを学び、しっかり目標の左へ振っていくために体の回転を使わなくちゃいけないんだということが理解できたと思います。

 

今後も手を使わないスイング改善に向けて頑張っていきます!

 


Archives

website by Cube Net