ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

体をどのように動かせば円軌道で振れるのか? イメージシャフト編

2017年07月06日

昨今、アプリを使ってクラブの軌道はこうだあーだと、スイングプレーン通りの綺麗なスイングを目指している方が多い。でも現実は厳しい!中々上手くいくもんじゃない。

 

線を引いてスイング軌道通りに振れば、まっすぐ飛ぶっていうもんじゃないんです。もっと大事なことは、体をどのように動かせば一貫性のあるまーるい円軌道で振れるか。それは一発屋じゃ困るんです!常に同じリズムでクラブが体の正面から外れないワンピーススイングで、背骨を軸とした回転スイングでなければならない。

 

それには常にソフトグリップを保ち、遠心力を感じた状態でヘッドを体の周り360度回転させてやるぐらいのクラブフリーのフィーリングが必要となる。

 

まずはハーフスイングでインパクトゾーンを鍛えましょう!ゴルフスイングで最も大事な部分はココ!右腰から左腰の間を体の回転で低くまーるく分度器みたいな軌道で振るんです。その間シャフトが胸の正面から外れてはなりません。車のワイパーみたいに一貫性のある動きができるようになると安定します。

 

春の日本キャンプでもイメージシャフトを利用してきました。毎日イメージシャフト振っている上級者は、体の回転を主として綺麗な円軌道を描き、スイングの通過点の中でゴムティーに当たる。打球時も淀みない動作でバランス良く振れています。

 

しかし、殆どの生徒さんはゴムティーを見ればそこに当てにいく。腕の振りが積極的で、打球時にはボールに合わせに行く癖が抜けきれていないのである。

 

動画でも言っているが、積極的に動いてほしいのは胸や背中の回転のほう。手を振ってはいけないんですね!両肘が両腰の正面をキープして背骨を軸にメリーゴーランドのように回転するのがボディーターンでありシャロースイングの真髄です!

 

加齢や運動不足で、肋骨周りや広背筋等の筋肉が硬くなると胸や背中を回しにくくなります。本人は一生懸命回しているつもりでも手の方が優り、肘を後方に引っ張っているだけのことが多々あります。

 

あくびちゃん先生のゴルフエクササイズを参照して頂き、柔軟性をつけてから、イメージシャフトを練習してもらうと効果的です!

 

動画にボールの1〜2cm手前のゴムティーをヒットするドリルがありましたね。これを、ぜひ実践して頂きたい!まずボールを打ちたいという意識を消しましょう!グリップエンドをおへそに引きつけて(求心力)、自分の背骨を中心にくるっと回転することを心がけます。シャフトの延長線上つまりクラブのヒール部分で分度器のラインに沿って低くまーるく振って、ボールの内側2cmを左へ抜けていく。(ヘッドがついていたら真芯に当たるという考え)

 

最初からクラブヘッドなんかついていないシャフト(棒切れ)だと思えば、ヘッドも体もキレイに抜けてインバランスのフィニッシュが取れます。ゴルフの上達を妨げているのはフェースでボールに当てようとする動作、自分からボールに合わせようとする動作が、体の回転を妨げ、手打ちになってミスを誘発しているということを理解して頂きたい。

 

ヘッドとボールの存在を消して、シャフトの延長線上で分度器のラインに沿って低くまーるく振って、ボールの内側2cmを通過して左に抜ける。たまたまヘッドがついていたからボールの真芯で捉えた。

 

この軌道を自分で真上から見ると、インパクト直前までフェースは目標の右を向いていることになるが、インパクトを過ぎたらフェースは閉じていきます。ここで常に円軌道に沿ってフェース角は直角であり、胸のラインとシャフトはT字の関係にあることを忘れてはならない!

 

これまでのイメージシャフト動画も合わせてご覧になってください。
スイングの原型、体の使い方が見えてくるでしょう!


Archives

website by Cube Net