ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

パッティングの基本 押し球で3パット解消!

2017年07月16日

常に平均2パット以上という方は、パッティングにもうそろそろ変化を加えた方がいいんじゃないでしょうか?ショット同様、パッティングも手首でパチンッと打つ人が多いように思います。

 

ビリヤードで例えると、キューで真芯をコツんっとヒットするのとスーッと押し出す押し球では用途が違いますね?!前者がパワーで後者はコントロール。パターはどっちが有利か想像できますよね?しゃがんで手でボールを放ってカップに寄せようとしたら、腕全体の振り子でフォロー側を重視しますよね!

 

パッティングにおいてもフェースの面全体でボールの面(実際は球体だが)を低く押せるようになると垂直抗力(接地面積が大)が利き、前に押す力が働き、断然転がりが良くなる。

 

押し球を追求すると、構えも重要だし、左右の腕の使い方を訓練してうまく協応させることが大事。またそれを一貫した動きでできるように、パターの5カウントやルーティンワークも必要になるわけです。

 

米ツアーの活躍する選手を見ても、殆どが押し球スタイル。カップを外した時は平均43cmオーバーと驚くほど、タッチ&フィーリングに優れています。現在の超高速グリーンには、パチンッと打つスタイルや下から擦りあげてオーバースピンをかける打ち方はお薦めできません。パッティングの基本を是非参考にしてください!


Archives

website by Cube Net