ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

トップの捻れを作ってあなたも飛ばし屋に変身!

2006年08月13日
20060813-IMG_0096.jpg

このギアはスイング・ガバナーと言います。
私の師匠に当たるイアン・トゥリッグス氏(カーリー・ウエッブのコーチ)が発案したもので、実は3年前に発売され、豪州では結構売れたんです。
これをつけてスイングをするとトップで背筋と腰の辺りに強烈な張りを感じるようになり、その反発エネルギーでもの凄いヘッドスピードを出せるようになります。
誰もが飛ばし屋に変身できる優れものです。
事実、日本人ゴルファーの90%以上の人は、トップで腰が60度以上回転しており、本等のところ体の捻れが出来ていない。そのため手を必要以上に使うようになり、手首の使いすぎやオーバースイングを誘発するのです。
実際、カーリー・ウェッブ選手や今年USPGAで一勝したジョン・センデン選手、日本で一勝したウェイン・パースキー選手、日本女子ツアーNo.1の飛ばし屋タミー・ダーディン選手なども愛用し、成果を出しています。

20060814-IMG_0162.jpg

使い方はとっても簡単!両膝の間に挟んでスイングするだけです。
?トップに行く時、左肘を突っ張らないで肩を回せば、コンパクトスイングになり、本当の腰の捻転角度45度が体感できます。

20060814-IMG_0163.jpg

?ダウンスイングで左サイドのバンプが行えると、インパクト周辺で、スイングガバナーが真下に落ちます。
もちろん、G1生徒達も使用してます。
ブッシュけんじはトップでクラブがクロスする癖が消え、右へのプッシュボールがなくなり、もの凄く喜んでいます。
とにかく、手を使いすぎるゴルファーには目からウロコです。
完璧なボディーターンスイングを目指す人には必見です!


Archives

website by Cube Net