ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

フォロースルーは低く長く!

2006年08月25日

ゴルフを始めたばかりの人のスイングイメージは下から上に打ち上げるものだと解釈している人が多い。でも実際は打ち上げようとすると、ゴロを打ったり、ダフッたりしてボールが上手く上がってくれないのです。

20060825-IMG_0242.jpg
20060825-IMG_0241.jpg

実は太郎さんもつい先日まで、フォローがつまって上手く振りぬけないでいました。そこで、バックスイングなしで、ボールを前に転がす練習をしてもらいました。
まず、アドレスで右膝とグリップを少し前方へ押し込んで、ボールを圧縮します。そのまま左腕とシャフトは一直線にして、グリップエンドがへそを指したまま、ヘッドはインサイドに入ります。この時、前傾姿勢は崩さずに左腰付け根に体重が乗ります。時計の針で言うと四時くらいまでフォローを出します。
ボールが転がせるようになったら、アイアンでティーアップして、腰の高さのハーフスイングを練習して下さい。フォローは持ち上げるのではなく、低く長い感じがわかります。

(な、なんと6位になりました!)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net