ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

極端なフックグリップは早めに治すべし、ボールを圧縮できるグリップに!

2006年08月31日

超フックグリップ     正しいグリップ

20060831-IMG_0257.jpg
20060831-IMG_0258.jpg

夏休みを利用して来ているジュニアのほとんどが、極端なフックググリップです。習い始めた頃から実践しているとのこと。(マッハかず・ブッシュけんじ・ジャリンコもえ・Lee15)
私はこのようなグリップをジュニア病の三大要因(他、頭の残し過ぎ、脚の動きすぎ)の一つと考えています。
特に右手の握りが深く、げんこつのような形をしているフックグリップは要注意です!このグリップだとボールをすくい上げるインパクトになりやすくて、ダフッたりトップしたり、上手くボールに力が伝達しません。そもそも、正しいインパクトの瞬間というのはボールが圧縮されて、「グシャッ」と潰れてからボールが飛んでいくもの。そのためには、ボールを圧縮しやすい正しいグリップを覚えることが不可欠です。
正しいグリップの握り方

20060831-IMG_026.jpg

?右手の親指と人差し指を反って、その間を締めてたんこぶをつくる。その間と人差し指第一関節にティーをはさんで落ちないようにします。人差し指はピストルの引き金を引くのと同じです。
?人差し指に習って、中指・薬指・小指もカギ状に引っかけるような形にする。そうすると、右手首の甲側に角度が付き、手のひらに空間ができます。
?右手のグリップに合うように、左手もスクエア(親指をグリップの上に乗せて、人差し指とで作られるV字をアゴと右肩の間に収める)にする。
?左手親指の右側と右手の生命線が重なるようにして、右手親指したのふくらみで左手親指を上から軽くホールドする。
トップスイングでの右手の役割

20060831-IMG_0262.jpg

正しい右手のグリップは、人差し指から薬指のつけ根に引っかけるように持ち、出前持ちスタイルになります。

20060831-IMG_0266.jpg

こうすると、シャフトはターゲットの少し左側(レイドオフ)を指し、クラブの重心がフェースの下に来て、フェースが開かない理想のトップが出来るようになります。
マットの角をインパクトに見立てて押してみて下さい。

20060831-IMG_0312.jpg

正しいグリップでボールが圧縮できると、ハンドファーストでロフトが立ってインパクトできる。右手の人差し指でシャフトを押して、左手小指で引く感覚がある。
超フックグリップだと、右手首が早く伸びてマットを圧縮できていないため、ボールにエネルギーが伝わりません。

(もうすぐ50位以内です!)人気blogランキングへ
(3位キープしています)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net