ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

アプローチ編  アドレスで肘を身体に引きつけて構える

2006年10月07日

アプローチで最も大切なことは、腕と身体に一体感を持たせ、クラブの遠心力を感じながら身体の回転でスイングすることです。

20061008-IMG_484.jpg
20061008-IMG_482.jpg

よく両腕を突っ張って、クラブを地面に押し付けて構える人がいますが、これだと手が身体から離れてしまい、ぎこちないスイングになってしまいます。腕と身体に一体感を持たせるには、クラブを短く持ち、両脇の内側を軽く締めて、クラブを右手で釣っている感じで構えます。

20061008-IMG_483.jpg

感覚としては、両肘の高さを合わせる感じで、肘に余裕を持たせます。クラブヘッドには遠心力を与え、手元のグリップエンド側は求心力を感じて振れるようになると、安定したアプローチができるようになります。

(最近不調です。ご協力を!)人気blogランキングへ
(こちらもぽちっとお願いします)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net