ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

アプローチ編 身体の正面でフィニッシュをとる

2006年10月16日

アプローチ失敗の主な原因は、フォローで左肘が引けたり、クラブが寝て入って来てしまうもので、これは手で操作しようとするために起こります。

20061017-IMG_049.jpg
20061017-IMG_091.jpg

ボブコーチは「手と身体が同調して振れると、インサイドインの軌道を描いて、クラブは常に身体の正面にある」と言います。その証拠に「フィニッシュではクラブを真っ直ぐ身体に引き付ける癖をつけなさい」と指摘しています。この動作はタイガー・ウッズやフィル・ミケルソンにも見られ、完全なボディーターンで振ったことを示しています。


Archives

website by Cube Net