ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

Terryさんのゴルフ留学日記 11 グリーン周りの練習

2006年12月27日

6月27日(火)レッスン第二週 グリーン周りの練習
 今日も、雲一つ無い素晴らしい天気。朝起きてからのルーチーンはいつもとまったく同じ。味噌汁のパックをもってきて、本当に良かった。もう残りが少ない。明美さんに、どこかで売っていないか聞いてみよう。
そうそう、こちらの家族は、概ね一週間分の洗濯物をウイークエンドにまとめて洗濯するようだ。私は、下着を5日分しか持って来ていなかったので、どうしたものかと思案していたが、先週はたまたま、木曜日はJENNYさんがデイオフで洗濯をしてくれたので助かった。今朝も、明日からの分が無いので、天気も良いし、洗濯の仕方を教わって自分でしようと思い、JENNYさんに頼んだが、JENNYさんは、今日休みだし、これは私の仕事と譲らず。加えて、日本から来て、沢山下着など持って来ていないでしょうから、週二回洗濯してくれると。JENNYさんに多謝。
 
●8:30−9:00 パターの練習
 板橋プロが来るまで、昨日教わったかね尺を横においてストロークの振り幅を一定にする練習を繰り返す。1m10cm、2m15cm、3m18cmで距離感が出る。柔らかくテークバックし、停止しないでリズムカルに振る。
このストロークは、慣れないと違和感があるものの、慣れるとこつんと打ちに行かないで柔さをキープできるのが良い。これは、絶対、物にしよう。

(ご協力を!)人気blogランキングへ
(こちらもぽちっとお願いします)にほんブログ村 ゴルフブログへ


●9:00−10:30 チッピングの練習
 板橋プロは、チッピング(アプローチ)は全てのショットに通じる、フルショットはアプローチの延長だと。
柔らかいグリップ、柔らかい腕、柔らかくちょっと曲げた肘、柔らかい上体、骨盤を引いた前傾姿勢、回転軸は首の後ろ、いかにも背中の大きな筋肉を使うような肩から自然に下ろした上腕部。これらを意識したポスチャー、これが一番大事。
 後は、大きな筋肉を使って肩の下で振ること。この時、ちょっとしたハンドファーストは良いが、極端なハンドファーストにならないこと。右肩の下で振るつもりが良い。いつも、クラブのグリップエンドが、お腹の前にあるように。アドレスのときの右手の角度を保っていること。両脇が、体から離れないで大きな筋肉を使ったスイングをすれば必ずうまくいく。
 30−40球ぐらいを打っては球拾い。そしてまた打つ。3−4回、これを繰り返す。
●10:30−12:00 バンカーショット
 いよいよ苦手だが、一番教わりたいバンカーの練習。今まで通りの打ち方で何発か打つ。まったく違うと。ポイントは次の通り。
* バンカーショットのポイント
基本は、サンドウエッジを使ったピッチショットと同じ。
・違うのは、ピッチショットよりもっと開いて、手前を思い切りダフルこと。 自分のイメージで言えば、どんと強く打たないこと。これも、アプローチのように何しろ、柔らかく肩の下で振ること。どこにも余計な力、余計な動作を入れないこと。
いやー、こんなにうまくいくものか。今まで何をしていたのか。何せ、ちょっとでも、打ちに行くとトップ、オオダフリ。
今まで、コックを使えだとか、思いっきり打ち込めだとか、打ち出す方向のラインより外に、すなわちアウトサイドに上げよだとか、いろいろ言われ、やって来たが、そんな難しいことは考える必要なし。
・長い距離は、長くなるにつれ、ヘッドの開きを小さく、かつ、振り幅を大きく。
・短い距離は、少し、ハンドダウンにして、ヘッドを遅らすだけ。見事に、短いバンカーショットができる。
●12:00−13:00 昼食
 先週木曜日行った日本の弁当屋へ行く。名前は”TOKYO KITCHEN”だった。近くに散髪屋もある。来週、行こう。A$20.00とのこと、日本より、若干安いようだ。今日の昼食は、鮭弁当、野菜サラダ、高菜漬け、締めてA$12.45。後で、ウーロン茶を買う。これは日本に比べ随分高い、A$3.50。やはり、ゴルフ場のレストランで食べるより、安くて美味い。
●13:00−14:20 パッティングの練習
 14:20スタートでハーフのラウンドレッスン。それまでの間、パッティングの練習。今朝のパッティング練習をもう一度繰り返す。朝からほんの5時間ほど過ぎたばかりなのにもう忘れている。もう一度、基本に立ち返る。基本が身についていないのに、応用もあったものではない。
 基本を確認し、これを身に付け、実践するのみ。応用なんておこがましいことは先の先。
●14:20−16:30 ラウンドレッスン
 今日は、幾つか、練習の成果が出た。
しかし、色々課題はあるが、一番の問題は、目の前にボールを置いたときにダウンで右肩に力が入ること、つまり、テークバック時に上半身のねじれに対する下半身の反作用から自然に生じるダウンスイング、そしてそれに伴う腕とクラブの重力落下(自然落下)、これが思うように出来ないこと。もう、これに尽きる。
 パットと寄せは、必ずしも結果は良くないが、感じはつかめてきた。後は、今の形で練習あるのみ。
今日は1バーディ、2ダブルボギー、2ボギーの41。
●17:30−
 いつものルーチーン。
洗濯物がきちんとたたまれてベッドの上に置かれている。多謝。


Archives

website by Cube Net