ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スイングセンターの移動と回転

2007年03月01日
20070301-IM_104.jpg
20070301-IM_105.jpg
20070301-IM_106.jpg
20070301-IM_107.jpg

G1ではスイングセンター(胸骨の赤マル)の移動と回転を3つのポジションで考えるよう指導しています。
まず、?トップポジションでは、スイングセンターは右足首の線上へ移動しながら回転します。
次に?インパクトポジションまでは、スイングセンターをボールの線上まで移動しながら胸の面を正面に戻します。
この時、トップからいきなりその場で胸を回転させてはいけません。腰のスピンアウトの原因となり、大スライスを引き起こしてしまいます。
そして、?フォローポジションでは、スイングセンターは左足首の線上へ移動しながら回転するようにします。スイングセンターの移動と回転を意識することで、とスイング軸を垂直に保ち、スムーズな体重移動を行うことが可能になります。

(ご協力を!)人気blogランキングへ
(こちらもぽちっとお願いします)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net