ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

筋力トレーニングで当たり負けしない身体を作る!

2007年08月09日
20070809-MG_2033.jpg
20070809-MG_2036.jpg
20070809-IMG_2038.jpg
20070809-IMG_2047.jpg
20070809-IMG_4430.jpg
20070809-IMG_4431.jpg
20070809-MG_2037.jpg

G1のテーマで「ボールを圧縮して飛ばす」という合言葉があります。
そのためには、インパクトからフォローにかけて前傾姿勢を崩さないで、腹筋を使って押し込むパワーが必要になります。その良い練習方法として、よくタイヤやソフトボール(大)をひっぱたかせます。この時、叩いた拍子で身体がリバウンドして伸び上がったり、腰が引けている時は、当たり負けをして圧縮エネルギーがボールに伝わっていないのがわかります。
我々はそうした「当たり負け」をしないために、体幹まわりと下半身の筋力を鍛えます。体幹まわりは特に腹覆筋というインナーマッスルを、下半身は股関節に荷重が乗りやすいように4種類のスクワットを行います。おかげで生徒皆、強く伸びのある弾道に変わってきました。
線の細いBunと頑張り屋のコウヘイは20mもドライバーの飛距離が伸びています。
皆、継続は力なりだぞ!頑張れ!


Archives

website by Cube Net