ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

パッティング編  ストロークの原動力は胸の回転とパターのシンクロナイズ

2007年08月11日
20070811-G_1140.jpg
20070811-G_1139.jpg
20070811-G_1141.jpg
20070811-G_1146.jpg
20070811-G_1147.jpg
20070811-IMG_1149.jpg
20070811-IMG_1150.jpg

パッティングストロークのスタイルには、主に肩の回転を使う「ショルダー式」と手首を使う「タップ式」に分かれます。G1では前者の「ショルダー式」を採用しています。
ショルダー式は肩の回転、厳密に言えば゛胸の回転゛と゛パターの振り子動作゛をシンクロナイズ(同調)させてストロークします。したがって、手首を使って「パチンッ」とヒッティングしている感覚はありません!
練習方法は、右手にパターを吊るように持ち、左手はシャツのボタン部分(胸ぐら)を掴んで、左肘を張り出してターゲットに向けます。そして、左肘を真っ直ぐ上下運動させながら胸を回転させて、パターのグリップエンドを始点にした振り子動作とシンクロナイズさせます。ストローク中は、右肘と右手首を伸ばさないように注意します。そうすれば、ボールの転がりも驚くほどスムーズで柔らかいタッチで寄せることができます。
肩の回転というと、頭や肩をやじろべえのように左右に振ってしまう人がいますが、それは間違いです。正しくは、゛両サイドのお腹が縮まないようにして、胸の中心を左右に回転させる゛ことです。こうすることで、頭と下半身がブレなくなり、腹筋を使ってストロークしている感覚が分かります。実はロングパターを使用する名手も皆こうしてストロークしています。
慣れてくると、胸のジョイントにオイルを挿したように胸の回転がスムーズなります。ぜひ、皆さんも練習してみて下さい。

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net