ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

公式サイト、ブログを移転いたします。

レッスンご予約数、ブログ投稿数が増えたため、新しいサイトに移転いたします。
これに伴い、神戸ポートアイランドのレッスン、ひかみキャンプ以降のご予約は新サイトにて承ります。
お手数ですが、ブックマーク等の変更をお願いします。

新公式サイト https://www.goldonegolfschool.com/
新ブログ http://blog.goldonegolfschool.com/

G1 Clubについて

当面の間、現在と同様(予約機能を除く)にご利用いただけます。

ブログのコンテンツについて

新しい記事の追加はありませんが、現在のコンテンツ(https://www.goldonegolfschool.com.au/blog)が閲覧可能です。

パッティングアドレスのポイント

2007年08月23日
null
null
null
null

ワトソングリップで左手首を固定してストロークするには、ハンドファーストの構えで左腕とシャフトを一体にして動かしたほうがよい。そのほうが、大きな筋肉を使ってストロークできるし、フォローが出しやすく方向性が良くなります。
また、ハンドファーストの構えに伴い、両肩の向きと左肘の向きを平行にセットして、左肘の内側と脇腹の間に少しだけ空間があったほうが良い。
左脇を締めて左肘が脇腹にくっつくと、胸の回転がつまって手首を使いやすくなるので、ストロークの軌道が不安定になります。


Archives

website by Cube Net