ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

シンクロナイズ・ドリル   アプローチも胸の回転とクラブの同調性が大事!

2007年08月28日
null
null
null
null
null
null

前回、パッティングストロークで胸の回転とパターの振り子動作が同調することが大事だと言いました。この動きはアプローチの時も同じで、上手くシンクロナイズさせることによって自分の゛ペース゛を守ってスイングが出来るようになります。そうすれば、打ち急ぎや手で打ちにいくミスも激減し、いつも同じスイングが出来ます。この゛ペース゛作りがアプローチでは重要なカギとなってきます。
この同調した動きを完全なものにするには、クラブがすっぽ抜けるぐらいのソフトな握りにして、クラブの慣性に任せてヘッドをフリーリーに動かす(遠心力)と、その軌道を安定させるためにグリップとおへそを結ぶ支点が身体から離れることなく振られる(求心力)とが上手くマッチアップしなければなりません。
前回のパッティングと同じように、左肘を張って左手で胸ぐらをつかみ、右手でクラブを吊るように持って、胸の回転に合わせて素振りをして見ましょう。スイング中は右肘を伸ばさないように気をつけて、クラブのソールで芝生をブラッシングするように振ります。そして、ダウンではつかんでいる胸ぐらを左へ平行移動させるように左肘でリードすることがポイントです。
この動きができるようになると、スムーズなウェートシフトとフェースにボールの乗せて運ぶ打ち方ができるようになります。肩を上下にギッタンバッコンしたり、胸を後ろに引くように回すと打点が不安定になるので気をつけてください!

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net