ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

YES!ハロルド・スウォルシュ・パッティングスクール 体験入学

2007年09月16日
null

木曜日に、G1を代表してBUNとミッチーを引き連れて、世界的に有名なハロルド・スウォルシュ・パッティングスクールに参加してきました。
現在、代表のハロルド・スウォルシュ氏及びそのスタッフは、07全英オープン覇者 パドレイグ・ハリントン選手をはじめヨーロピアンツアーのトップ選手を中心に指導しています。
レッスンの初めは、自分のパッティングストロークをビデオに取り込み、ハロルド氏が開発したパッティング解析ソフトで、姿勢・アライメント・重心バランス・肩の回転角度・ストロークアーク等を数値上にあらわしてチェックしました。
また、現在自分が使っている2Ball系パターと自分達で選んだYESパターのボールの転がりを比較しました。
2Ball系パターの場合はインパクト直後に平均35〜45cmボールが滑って(スライドして)から、ボールがロールしはじめました。この時、気になったのはスライドの直後にサイドスピンが加わりながら不安定な転がりをしていることがわかりました。そして、YESパターの場合はインパクト直後に平均7〜10cmスライドしてから、一定した直進回転で転がっていることがわかったのです。YESパターはボールを純回転にするタイミングが早く、サイドスピンが入らないのでボールの転がりが良いことがわかりました。
従来のパターよりも40〜50cmボールが伸びるそうです。
この後は、真っ直ぐなすボールを生み出すための、姿勢、腕の伸ばし方、グリップ、振り子動作、バックとフォローの比率等、ためになることをたくさん教わりました。
写真やビデオの撮影が禁止されてたので、その模様は取れませんでしたが、この後のブログでそのポイントを掲載しますので、お楽しみに!

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net