ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

バックスイングで腰の回転角度を抑えて、コックを入れるドリル

2007年09月24日
null
null
null

前回、バックスイングでは左腰の位置を決めて、腰の回転角度を小さくしたほうが、身体が捻れて軸中心のスイングができると説明しました。写真のようにパートナーに右膝の裏側にシャフトを通してもらって右膝が伸びないように固定してもらうと、腰の回転角度が小さくなって、体幹周り(腹筋と背筋)に強い反発エネルギーを感じることができます。
背中の大きな筋肉を使って始動から30cmは低くテークバックして、左手が地面と平行になる時点では、シャフトと手首のアングルが90度にセットできると、捻じれの強いコンパクトなトップが出来るようになります。
逆に、腰を大きく回転させてノーコックのままクラブヘッドを遠くへ上げると、一見ダイナミックで飛びそうな感じがしますが、反発エネルギーは極めて小さく、軸もぶれやすくなるので安定したスイングをするには難しくなります!

(ご協力お願いします!)人気blogランキングへ
(こちらもよろしく)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net