ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ゴールデン・トレバリーとマッドクラブ

2008年02月24日
null
null
null
null

2月・3月の海は大物が釣れるシーズン!
先日、ゴールドコーストのパンピン・ジェティーでゴールデン・トレバリー(金色のシマアジ)を釣りました。僕にしては3年振りの快挙です!と言っても50cm以下のゴールデンは何本も上げたのですが、70cmオーバーは本当に久しぶりです。釣果は75cm(4.7kg)と52cm及び53cmの3匹です。
この魚は本当に釣るのが難しくて上げるのに一苦労します。かかった瞬間、ラインと一緒に一気に走り、竿が折れてしまうんじゃないかと思うぐらい引きが強いのです。あわてて一気に上げようとすると、右に左に動きながら、橋桁に突っ込んでいきます。こうなるともう一巻の終わりで、ラインが橋桁に絡まって引き上げることができません。ですから、魚と一緒にラインをめいいっぱい出してあげて、15分ぐらい引っ張り合いをして疲れるまで待ってやるといいのです。
昨年はキングフィッシュ(ヒラマサ)がよく釣れたのですが、今年は長雨の影響で海が濁っているため、沖のほうにいるみたいです。そのかわり、1mを越えるフラットヘッド(コチ)15〜20kgクラスが、結構あがっているようです。
これらの大物を釣るには生餌が最高で、ヘリングというサッパによく似た魚を使うとヒット率が高いです。冷凍のものだったら、ホワイトベイト(クチボソみたいな魚)やアンチョビ(カタクチイワシ)がいいと思います。
また、大物のセッティングには6〜10kgのロッド、リールは6000クラス以上、ラインは30〜40lb(8〜10号)、リーダーは40lbが必要になります。
最近、家の前の海水ラグーンでマッドクラブがよく取れます。先日は店頭でも見たことのないビックサイズのマッドクラブが取れました。ものすごく大きくて、はさみを広げると幅60cm、爪は女性のこぶしぐらいの大きさがありました。
蟹えさになるのは、釣ってきたサメのぶつ切り。特にサメの頭は大好物みたいです。他にケンタッキーフライドチキンの骨もいいみたいです。

(おかげさまで上位になりました。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net