ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

シャフトも腕も身体の周りをまるーく回る

2008年04月02日


ボブコーチが示しているように、ダウンスイングの切り返し(ファーストムーブメント)では、シャフトが右肩の少し下から出てきて、グリップエンドがオンプレーンに沿って30cmぐらい前方に動き、左腕が地面と平行の位置まで持ってきます。
この時、左腰のバンプ(平行移動)と同調しますが、右肩が前に出ないように体軸をまっすぐにして平行移動します。この瞬間は上体と下半身のコイル(捻れ差)が最大になり、雑巾を絞ったように腹筋が締まる感じがします。
ファーストムーブメントは意識して出来る範囲だが、その後は「Let it go !」で勝手に行ってくれ、すなわち慣性に任せて身体の周りをクラブにまるーく振られることが大切なんです。
バスケットボールサイズのボールをへその前でサイドスローで前方に投げる動きと似ています。


Archives

website by Cube Net