ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ジュニア便り

2008年07月02日
null
null
null
null

昨日・一昨日とタイトリスト・ウィンター・ジュニアクラシックがブリスベンのケペラG.Cで行われました。昨年に続いての出場ですが、このコースは何回まわっても難しい。
コースは林にセパレートされて、アップダウンとドッグレッグホールが多いので、フェアウェーキープと狙い場所が絶対条件になる。
練習ラウンドではドライバーを打つホールが5ヶ所、残りはスプーン又はロングアイアンでティーショットするマネージメントを考えてきました。
結果の方はブン(74.86)、ヒカル(83.79)、レイ(92.86)、シュン(82.DQ=サイン書き忘れ失格)となりました。
連日の試合でそれぞれのパターンというか悪い癖が露呈されました。
それは、
ブン(一緒にまわった強豪韓国ジュニアのペースに合わせて力みだした)
ヒカル(試合後の反省を真摯に受け止めていない)
レイ(意気込んでマネージメントを忘れてしまう。寄せてもパットが入らない)
シュン(エナジー切れで、後半の集中力がない)
などが上げられます。
今週もオクスリージュニアと来週月曜日にはバーレージュニアが控えています。同じ事を繰り返さないように集中した心構えと万全な体勢で望んで欲しいものです。
※シュンは反省の意味で1ヶ月外出禁止とします。

(最近不調です。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net