ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ジュニア便り

2008年07月07日
null
null
null
null
null
null

今日はスクールホリデー期間中、最後の試合となるバーレー・ジュニア・クラシックがゴールドコースト近郊のバーレーG.Cで行われました。
本日の会場は戦略性の高いチャンピオンシップコースで、現地の日本人の方々にも人気のあるコース。距離があって、写真でも分かるように林にセパレートされた狭いコース。グリーンは砲台グリーンが多く、もの凄くうねった二段や馬の背グリーンがあって、2パットで上がるのが精一杯のホールもあります。そんな中、今日はとても厳しいピンポジションで行われ、出場したジュニアたちも大苦戦となりました。
結果の方は、ブンは少しづつ良くなって(78)ヒカルはセカンドが悪く(82)、シュンはドライバーが右へ(83)、レイは100m以内の距離感とパターが良くなくて(88)でした。
最近はラウンド分析をしているせいか、考えてゴルフをするようになってきています。
しかし、試合になると80台が目立ちます。もっともっと努力しなくては!


Archives

website by Cube Net