ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ニック先生の筋力測定

2008年07月12日



テニスのナショナルチームの合宿が終わり、ニック先生が帰ってきました。
いきなりの挨拶で「貴方達は私の指導した筋トレ、コンディショニング、ストレッチを現在も継続して実践していますか?」「今、私の話を聞いている間でも、姿勢をビシッと正しくして聞いているはずではないでしょうか?」と長期の生徒に対して問いかけました。
「プロを目指すものは言われたその日から実践しているはずです。やっているかは、姿勢を見ればすぐに分かります。」と言うと、ブンもヒカルも慌てて正していました。
ニック先生は各試技の方法を教えると、実践させてそのやり方をイラストにして書かせる指導をします。「本人のやる気が大切なんです。」
今回は生徒たちの筋力がどれくらい向上しているか、全身のマッスルテスト(伸展、屈曲、回内、回外等)を行いました。
筋力の段階は1〜10で測定。オーストラリアPGA選手の平均で約8.5。テニスのトップジュニアでも同じような数値を出すと言います。G1の中ではノリがかろうじてアスリートに近い筋力だが、他の生徒はオーストラリアの小学生高学年程度の筋力しかない事が分かりました。
最低でも280ヤード以上の飛距離と効率的な一貫性のあるスイングを目指すには、平均8以上の筋力が必要だと、ニック先生は言います。

(最近不調です。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net