ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ラウンド分析の打ち込み

2008年07月16日


G1の長期の生徒はラウンド中、フェアウェーキープ、パーオン、寄席ワン、パター数、イーグル、バーディ、パー、ボギー、other、ペナルティ等の書き込みを義務付けており、ラウンド後はすみやかにPCに打ち込ませるようにしています。
三ヶ月毎に定例会を行い、それぞれの部門ランキングを算出し、今後の指標とフィードバックに活用しています。生徒はゴルフというゲームを確率的に考え、それぞれの部門で安定した数値(平均と標準偏差=平均のバラツキを少なくする)で回れるよう努力します。
目標はフェアウェーキープ(60%)、パーオン(60%)、寄席ワン(60%)、パター数(30以下)、パーの数(10以上)としています。
先日の定例会では、3部門でブンがランク1位となりました。ブンはショートゲーム中心の練習が日課で、2m以内のパットと30mのアプローチを徹底して練習すると言います。最近、シュンはブンの練習方法を参考にしているようです。


Archives

website by Cube Net