ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

コウタの世界ジュニア大会

2008年07月25日
null

7/15〜17米国カリフォルニア州サンディエゴで行われた、08 キャロウェイ世界ジュニアゴルフ選手権に、今年も加賀崎航太(11歳)がオーストラリア代表として出場しました。
昨年は9-10歳の部で準優勝、今年は豪州のメディアや周りの評価も高く、「優勝」の二文字が期待されました。
結果の方は、初日72のパープレー、2日目78と崩れましたが、最終日は72のパープレーと盛り返し、通算6オーバー18位タイで終了しました。優勝は米国のリコ・ホーイ君(12歳)で、6アンダー。
お父さんの加賀崎コーチ曰く、年がひとつ違うと見上げるぐらい大きくて、大人と子供ぐらいの差があって、距離も50ヤード以上置いていかれちゃうそうです。それでも、針の穴を通す正確無比なショットと集中力を切らさない果敢なファイティングパットで健闘し、11歳の中では一番良いスコアで終わる事ができました。
科学的成長ファイルによると、来年コウタ(現在154cm)は170cm近くまで身長が伸びると予想されます。キッズから少年、大人へと成長して、強くなっていくコウタのゴルフがとても楽しみです。きっと来年は優勝してくれることでしょう!
また試合終了後、来年2月にHAWAIIで行われるUS PGA主催の「パールOPEN」出場への打診がオーガナイザー側よりありました。理由は、KOTAの「タレント性」と「限りない可能性を秘めた将来性」・「US PGAで是非とも将来活躍してもらいたい意向」などがある!と説明を受けました。
史上、最年少での挑戦なのと世界で活躍するTOP PROが参戦するので予選通過は大変だとは思いますが、出場する限り、史上、最年少通過を目指して頑張ります。
読者の皆さんも応援よろしくお願いします!

(最近不調です。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net