ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ジュニア便り

2008年12月19日
null
null
null
null
null

null
みなさん、お待たせいたしました。
2009 Greg Norman Junior Mastersの結果です。
今年もヒカルが出場権を獲得し、試合に臨みました。
日本からご両親が応援に駆けつけてくれ、ヒカルのキャディーをしてくださいました。4日間、本当にありがとうございました。
結果は、75,75,76,79.17歳以下男子の部 19位でした。
3日目までが予選で、4日目が決勝でした。
ヒカルは見事予選をとおり、決勝にも出られました。
代表選手ばかりの試合なので、決勝に出られるということは本当に凄いことなんですよ。
4日間を通して、ヒカルはフェアウェーキープ率、パーオン率ともにほぼ100%近い数値を残しました。
でも、残念なことにパターが入りませんでした。
パターが入らないとプロにはなれません。
今後の課題ですね。
また、去年と比べ、堂々とした態度で試合に臨めていました。
友達もたくさんでき、英語で話をしたり、気持ちの上での余裕も感じられました。大人になっていってるなと、頼もしく感じます。
さて、今年の男子の総合優勝は15歳のキャメロン君でした。
今大会、風が非常に強かったのですが、彼はティーショットで2番アイアンをうまく使いこなし、風に負けないノックダウンショットを打てていました。
低く、力強い球が打てることが勝利につながったようです。海外での試合では、このような球が打てないと通用しないのです。
同様に、ヒカルのショットもフェアウェーウッドをうまく使い、風に負けない低くコントロールされた球が打てたことが、今回の好成績につながりました。
出場した日本人ジュニアの中でも一番の成績を収めることもできたし、年納めにご両親へ最高のプレゼントができました!

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net