ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

一生のスイングを作る

2008年12月29日



スイング改造前
「石川 遼 選手を超えるプロになりたい」と言い、10日前に入校してきた、タケ(16歳)です。只今、夏休みホリデー中ですが、1月中旬に控えたジュニアコンペに出場するため、猛暑の中、頑張って練習しています。
ここに来るまでの、タケのスイングイメージは、ゆっくり遠くへ上げて高いトップをつくり、しっかり頭を残して振ろうとしていました。そのため、腕がガチガチで身体のスエーを引き起こし、ダウンでは重心移動がないので頭が下がり、手打ちになる(トップかダフリ)。そして、フィニッシュでは大きく背中を反り、かなり身体に負担のかかるスイングをしていました。このままでは、いつ身体のあちこちを故障してもおかしくないという事を話しながら、世界のトッププロの共通な動きをピックアップし、流動性のあるバランスの良いスイングを目指そうと固く誓いました。当面はスイング改造と体幹の強化、そして毎日の練習計画をこなしていくと約束しました。
今後のスイング目標
?シャローなインパクトを実現するためストロンググリップにする。
?股関節を入れて前傾を取り、下腹部と腰に圧迫感のあるアドレスをとる。
?トップをコンパクトにして、フラットなプレーンにする。
?コックを溜めないでヘッドをゆるやかな角度で入れてくる。(ワイド&シャロー)
?頭を落とさずに重心移動をする。⇒頭はフィニッシュに向かって動かしてもいい!
?左足の上でスーツと立てるよう、インバランスのフィニッシュを目指す。 
?スイングの力感を70%にし、朝から晩まで球を打っていても、故障のない不変的なスイングを作る。
さあ、3ヶ月後にはどのようなスイングに変化しているのでしょうか?楽しみですね!
スイング改造イメージ

null
null
null
null
null
null
(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net