ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ボールスローイングドリル

2009年03月21日


初心者は、まず細かい理論を学ぶよりも、しっかり動いて身体に覚えこませることが大事です!
私がまず先にやらせるのが、ボールスローイングドリルです。スイングを細分化するのではなく、ひとつの流れとしてバランスの良いフィニッシュを取ることを目的としたドリルです。ボールは1〜2kgのメディシンボールまたはバスケットボールを使います。
ポイント
・ボールに振られるように身体をゆすり、体重の移動を土踏まずの間で感じている。
・相手のお腹に向かって勢いのあるスピードボールを投げ込むイメージで、体の右サイドを押し込んでボールをリリースする。
・左足の上に真っ直ぐ立ち、体の正面を相手に向ける。正面から見て右肩、右腰、右膝が一直線に重なる。右足は踵が上がって爪先立ちになり、地面をトントンと叩けるぐらい左足に体重が移っている。
・両肘は折りたたまれ、左耳の横で堤太鼓を叩く形になる。そして、両手、両肘の間隔がボールを持っている時と同じで変わらない。
・頭を残そうとする意識は全くない。むしろ、左足の上に乗っていくんだという気持ちが大切。ボールをリリースした後の大胆なポジションチェンジが、スイング時に必要なダイナミックバランスを作りあげます。
・インパクトはただの通過点で、球を打とうとする気持ちがなくなる。そして、フィニッシュは゛終りよければすべて良し゛のサインになる。
初心者のうちは球数を打ちたいのはやまやまですが、球を打たないイメージトレーニングでしっかりしたフォームを筋肉に記憶させることのほうが大切です。しっかりとバランスの良いフィニッシュの形を意識して練習すれば、上達も早くプレッシャーに負けないスイングができるようになります。
関連記事をメルマガにしています。
ご登録宜しくお願いします。
現在登録者 170人(目標3000人!)
メルマガの登録はこちらから

(めざせ10位入賞。)人気blogランキングへ
(こちらもよろしくお願いします。)にほんブログ村 ゴルフブログへ

Archives

website by Cube Net