ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

フォワードラグで飛ばす!

2009年04月06日


一般に、アマチュアの人はしっかりトップの位置を作ってからコックを溜めて、手で引き下ろすように振っています。この打ち方を我々はダウンラグと呼んでいます。
一方、楽に振って飛ばしているトッププロは、トップスイングに到達する前に下半身が先行して、一瞬上体と下半身に捻転差を作って、体の右側にフトコロができます。この、動きながらフトコロを作る動作をフォワードラグと言います。雑誌等ではこの動作を詳しく紹介していません。なぜなら、プロでも上達過程のトップシークレット事項だからです。
感覚的には上体が開かないように、鼻筋、左肩、左腰骨を結ぶ垂線が左足土踏まずのライン上まで水平に移動して、左膝の上にグッと乗っていきます。同時に一瞬、両手をトップの位置に置き去りにして、胸とグリップの間にフトコロを作ります。この動作を連続的にリズミカルにできるように練習してみてください。そうすれば、両腕がしなって腕の重みで落下していく感覚と手を振っていくスペースができるので、ボールを楽に遠くへ飛ばせるようになります。


Archives

website by Cube Net