ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

初心者ドリル  タオルを使った簡単トップ形成術+ハーフムーントップポジションドリル

2009年09月12日


以前のマコトさんはトップスイングでクラブヘッドのトゥーが下を向くぐらいフェースが開き、右肘が体から離れていました。腕を突っ張って、体の回転が不足していたので、スライスとシャンクボールがでていたようです。
矯正にはタオルを左脇に挟み、少したるませた感じで右手に持ち、胸の回転を主体にして右肘のたたみと手首のコック(ヒンジング&コック)を早い段階で作るようにしました。
ここで気をつけることは、右肘の角度をトップで90度にして、体側から右肘がはみださないようにすることです。そして、右手のひらが自分の顔のほうを向くのではなく、斜め45度上を向くようにしました。
また、トップスイングでフェースの向きが気になる人は、タオルと一緒に右手のひらにボールを2個挟んで、バックスイングして見てください。自分から見て、トップでボールが全部見えると、これはフェースを開いて上げていることになります。正しいのは、ボールが半分まるで半月のように見えるのがスクェアフェースです。
満月(フルムーン)ではなく半月(ハーフムーン)です。タオルを併用して行うと効果的です。スライスやシャンクでお悩みの方は是非このドリルで確認してみてください!


Archives

website by Cube Net