ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

ダイアゴナル・ボトムダウン・ラテラルニーアクションドリル

2010年03月01日


このドリルは、前回のダイアゴナル・ボトムダウン・ボディーアクションドリルと同じ動作を両膝の間にシャフトをくぐらせて行い、切り返し時の力の方向(ベクトル)を左斜め下へ動かすドリルです。
なぜ、左斜め下なのかと言うとこのぐらいの感覚でないと、皆さんの場合、体が開いて上体が起き上がってしまうからです。私の解釈では左斜め下に動かして、平行移動している感覚なのです!
動画でも分かるようにダウンスイングでは、すぐに腰の回転を始めるのではなく、一旦左サイドへ体を押し込んでから、肩の回転(捻転の開放)を始めます。このほうが、反発エネルギーを有効的に使えるので、確実に飛びます。
ダウンの最初に腰を回転させてしまうと、右膝が前に出て前傾姿勢が起きてしまいます。もちろん、体重移動が不十分なので左足股関節が伸びてしまいます。
トップで作られた上体の捻転を少し我慢して、体の左への平行移動を入れるモーションを皆さんも体得してください!


Archives

website by Cube Net