ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

フォワードスイング VS ダウンスイング  どっちが早く振れる?

2010年05月13日


カンゴたち3兄弟のパパさんです!レッスンを始めて3ヶ月になります。
片手ハンデの実力者ですが、競技に勝ちたい一心でスイングをガラッと変えています。
縦振りアップライトなトップからクラブをタメてタメて上からドスンっと打ち込むスイングから、
コンパクトかつ入射角の浅いタメないスイング(ワイド&シャロー)に改造中です。
最近では、ターフをほとんど取らずにボールをクリーンに捉えることができ、安定した飛距離でコントロールしています。球筋もつかまったドローボールと思いきや、落ち際にフェードボールになるというプロも唸る究極のボール。フェース面を最長に使って(ヒールからトゥへボールが乗って)しっかり左に振れている証拠です。
また最近、僕の薦めでアイアンをEPONのAF-502(K‘Sシャフト)に変えてから、一貫性のある弾道が打てるようになったとのことです。嬉しいですね!
動画は前回のブログで説明したフォワードとダウンのポジションから、ヘッドなしシャフトを左腕一本でどちらが早く振れるかトライしました。結果は歴然、グリップを真下へ引き下ろすと、縦軌道に振るしかなく、脇が開いて全くヘッドスピードが出ていません。それが、右肩を高くキープして体の平行移動(バンプ)入れて、シャフトの先をまーるく振ってやると、体の左へしっかり振れて驚くほどヘッドスピードが出るのがわかります!
また、アマチュアの皆さんに最も多く見られる振り方として、グリップエンドを左へ引っ張りすぎて、左肘が体の外へはみ出して打っている人(いわゆるフォローで左肘が曲がって左脇が空く=チキンウィング)がいますが、これも同じくアップライトなフィニッシュにしか振っていけないので、全くスピードが出ないのがわかります。
自分がどのタイプで振っているのか、試して見るのもいいですね!


Archives

website by Cube Net