ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

パッティング編  パッティングのリズムと顔の上がるタイミング

2010年06月05日


多くのアマチュアの皆さんのパッティングストロークを見て来ていますが、95%ぐらいの方が頭を揺らしたり、ヘッドアップして打っています。ストロークし終わるまで全く頭が動かない人を見つけるほうが難しいくらいです.
私は上級者との格差をもちろん練習量もありますが、微動だに動かない頭部と下半身にあると考えます。このドリルはリズムに合わせながら、頭を残してストロークする練習方法です。パターでお悩みの皆さんにお薦め,します。簡単にできるのでイチ、ニー、サン、シー、ゴと声を出して実践してみてください!
?フォワードプレス(グリップエンドを2〜3cm前方へ押す)を入れて反動をつけます。
?バックスイング
?フォロースルー
?頭を残してボールのあったところを見る
?頭の高さを変えないで、鼻筋と右目でボールを追う。右目は下から見る。
といった感じです。いつもよりツーテンポ顔を上げるのを我慢して、しっかりフォロースルー(ボールを打ち抜いた後)を出してから上げるようにすれば、ボールのタッチ&コントロールが格段に良くなると思います。


Archives

website by Cube Net