ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

タメは上下の捻転差をちょっとの間、我慢するだけ!

2011年02月23日

タメができないとお悩みのゴルファーは本当に多い。

多くのゴルファーの考えているタメというのは、トップから手首のコックをキープしてインパクト後にリリースするというのが定番だと思う。でもこれって、かなりタイミングが難しいと思う。あんまり、そればかり意識していると、上体が右に傾いてバランスを崩しかねない。

G1で推奨しているタメというのは、バックスイングの捻転でつくった反発エネルギー(上下の捻転差)をすぐに解放するのではなく、左肩がアドレスの位置に戻り、左腰は左足の外側まで押し込むまで我慢して保持します。ほんの一瞬の間(ま)ですが、この動作が安定したスイングを作るカギなんです!

この時、動画でも示しているように、クラブヘッドが動く範囲は20〜30cmで、グリップは右耳か右肩の横にあって手の位置を高くキープしたい。左脇腹や左の上腕はストレッチ状態になり、しっかり前傾をキープしています。

打ち急ぐと手を早く下ろしてしまうので、ゆっくりスムーズに静的に筋肉を動かします。車に例えると加速する前のローギアと言ったところでしょうか!

ここさえ、ゆっくりできれば後はクラブヘッドの重みに任せて、左手首のコックを緩やかな角度で解放していき、身体の正面に戻してくるだけです。

期間限定 100を切るコース 開催中

詳しくはこちら → https://www.goldonegolfschool.com.au/blog/index.php?itemid=1246


Archives

website by Cube Net