ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

 

よく「クラブの振りと体の回転の同調性」なんて言うけど、何のことかよくわからない?
動画に見られるように、皆さんもビュンッとクラブを走らせて振っていませんか?
このほうがヘッドが走っている感じがするし、飛びそうですよね!

でも、これは一昔前の振り方。
完全な手打ちです!

現在のスイングスタイルはあまりヘッドスピードなんて気にしないし、能動的にスピードを上げようとすると、かえってミスを誘発します。
大事なのは、捻転した体幹を捻じり戻すスピードに合わせて、いつでもクラブヘッドが身体の正面にいて同調して動くこと(ボディーリリース)。

そうすると、低く長いインパクトゾーンが実現でき、フェースに乗せて運ぶように打てます。

そうでしょ?

クラブヘッドをビュンッと振っちゃったら、クラブが今どこに位置しているかなんてわからないですよね。

動画のように片手で持ち、トップの手首と肘の角度をキープして、ヘッドの重みを感じて体のまわりをまるーく振ってみましょう。
イメージとしてはベルトライン沿って振り抜く感じで、それにあわせて背中と右肩を回し込んでやりましょう。
インパクトエリアでは左肩の開きと前傾姿勢が起きないように我慢して、クラブのソールで地面をトンッと軽く叩く感じで体の正面にヘッドを戻してあげましょう。

特に右腰から左腰の間を振り抜くときはグリップエンドとおへそが同調して動き、腹筋を使います。
実際に球を打つこともできるので、皆さんもチャレンジしてみて下さい!


Archives

website by Cube Net