ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

スイングBefore・After (67)

2012年08月29日

本日のお客様は横浜から来られたじゅんこさんです。ご夫婦で4日間のトレーニングコースに参加しました。

 

最初の所見で感じたことは、ボールが右に飛んで行くプッシュスライサー。一番飛ばない弾道なので距離が出ません。逆球のフックボールを打つ練習をして、飛距離を伸ばす特訓をしました。

(Beforeの画像は少し修正済みの後に撮りました。最初はもっと腰が開いていました。)

 

(スイングの改善点)

 

1.体の開きが早くスライスするので、インサイドアタックドリルを採用。目標の右にアライメントを合わせ、肩のラインを開かずにボールを左45度に飛ばすイメージで振る。アドレス時のシャフトと地面で出来る角度を変えずにインサイドから下ろすようにしたら、一気に飛距離が伸びた。

 

2.体の回転がなく、手でヒョイッと上げていたので、フェースが開きやすくなっていた。胸の回転(体幹)を積極的に使って、右足の付け根にしわが寄るようにしたら、捻転した力強いトップになりました。

 

3. トップで左手首が甲側に折れてフェースオープン(トゥが真下を向く)になるので、逆に甲側がちょっと盛り上がるぐらいを意識させて、実際はフラットリストになるよう調整した。フェース角が斜め45度に収まるようになって、スライスが激減しボールが捕まるようになった。

 

4.インサイドアタックを意識して、ボールを少し右から見るようにして(背骨も右に傾け)、左腰が右腰より少し高い構え(荷重左6:右4)にしたら、右からの体重移動がスムーズになった。また、ちょっと猫背になる傾向があったので、お尻を引いて腹部のあたりにフトコロを作り、腹筋を上下に伸ばして構えるようにした。

 

じゅんこさんの場合、コース勘が良く、球際に強いのには驚かされました。コースではしっかりドローボールを打ち、飛ばし屋に変貌していました。お誕生日おめでとうございます!


Archives

website by Cube Net