ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

前傾をキープする体操で体重移動が上手くなる

2012年12月05日

ツヨシさん(初心者)のように、ダウンスイングでボールをしっかり見てクラブを縦に振り抜くタイプは、手打ちで体重が右に残りやすい。当然、カット軌道になりスライスボールになる。後方から見ると前傾しながら振っているように見えるが、実際は左肩が釣り上がり右肩が下がっているだけで、明治の大砲だ。

 

プロのように前傾姿勢(スパインアングル)をキープして両腕を目標の左に振っていけるようにするには、アドレス時のフトコロ(肩の真下にグリップが来て、へそまでの距離)をキープすることが大事です。アドレスで太腿の付け根から前傾して股関節に角度を作ります。

 

ダウンでは股関節を伸ばさないように、左足小指側方向に踏みこんで、左足荷重になることがポイントで、この時体幹が右に倒れこまないように腹筋を使って真っすぐキープします。そうすれば、フォローまで前傾姿勢を崩さずに振れて、低く長いインパクトゾーンを実現できます。勝手にスムーズな体重移動ができるようになります。

 

それでは、前述文をイメージして前傾をキープする体操をしてみましょう!

 

1.アドレスをとり、おへその前で「トントンパッ」。両手で直角二等辺三角形をトレースして両腰の横へ持っていきます。右手のひらで緩やかな円を描いて最短距離で左手のひらを叩いてみましょう(左手位置は動かさない)。この時、前傾を崩さないように腹筋に力を入れて軸を真っすぐキープします。右足は土踏まずと拇指球で地面を蹴って、左足外側まで荷重します。

 

2.今度はクラブを持って、1の要領でグリップを手渡しします。その後は、フェースの面を変えないように左肘を畳んで、右腕は胸のラインに巻きつくように振っていきます。胸の中心が左足外側のライン上まで移動して、太腿をピタッとつけて、右足つま先で地面をトントンッ叩ける位置まで持っていきます。

 

3.右足を後方に大きく振り上げて左足一本で立ちます。胸の前で腕を十字に組んで、体幹を左斜め後方に切り上げて、左足太腿付け根にはめ込んで荷重を受け止めます。体幹を捻じり捻じり戻す動きを覚えれば、スムーズな体重移動が体得できます。


Archives

website by Cube Net