ゴルフの才能を開花させる、最先端オーストラリア ゴルフ留学

初心者こそクラブを丸く振りなさい!

2012年12月16日

初心者が中々上達しないひとつの理由に、クラブを丸く振る感覚がないことがあげられます。

 

雑誌には「テークバックを真っすぐ」「腰の高さでコックをする」「クラブを立てて下ろす」「グリップエンドをボールにぶつけるように」「コックをギリギリまで我慢してフォローで手を返す」などなど、たくさんの振り方を説明していますが、何か一つの形になっていない。バラバラの繋がらないパズルを試行錯誤してもがいているようにみえます。

 

こんな感じで頭の中が理論づくめでガチガチになっているうちは、上達は望めません!大事なことは、クラブの勢いに任せてクラブをまーるく振ることの一点のみ!クラブの勢いを殺してしまうようなToo muchなグリップテンションや理論づくめの脳みそでFreezeしたコチコチな体では、上手いこと動いてくれません。

 

動画に見られるように、左サイド(左腕の付け根からヘッドの先まで一直線)を一体化した、前方前振りの反動動作(遠心力)を利用して、分度器をなぞるようにまーるく振って体の正面に戻ったら、右手でピックアップします。ピックアップしたら、胸の回転を同調させてやると、すんなりと上がっていきます。

 

右肘のたたみは構えた時の右手の掌(たなごころ)の方向に沿って90度折りたたむ感じです。右肘が横にはみ出て脇が空いたり、背中の方に引き込んだりしてはいけません!

 

トップは自然と胸の回転が止まったところが正位置だと考えて下さい。それ以上の無理な回転は力みを生むだけです。クラブをまるーく振ることのみに集中すれば、ぎこちなさが削れて、流れるようなスイングが体得できます!


Archives

website by Cube Net